入 院
岩手医大の形成では、手術の入院は3週間です。
何故、そんなに長いのか?それは、入院した時点では手術日が決まっていないからです。
病院のシステムだから仕方がないのですが、入院受け入れが月、火で、水が教授回診。
その日の午後に、次の週の手術日が決められるのです。
形成の手術日は、火曜日と金曜日なので、もし、金曜日の手術となると、
手術日まで10日も入院しないといけないと言う事になります。
そして、口唇などの手術は大抵金曜日・・・。
それまでの間、やる事と言えば、入院当日に、
血液、尿、心電図、レントゲンの検査を受けるのと、矯正歯科を何度か受診するだけ。
時間がたくさんあるので、その時間を使って、抑制筒を手作りするように言われます。
材料は、病棟に一式そろっていて、看護師さんが指導してくれるのです。

手芸やさんで売っているネットに
毛糸を巻きつけていくだけの
簡単なつくりですが、
子どもの腕にあわせて
作ることが出来るので、
機能的だと思いました。
子どもの頃、
こんなキッドを使って、
バックを作ったことがあったな・・・
なんて、懐かしく思いつつ
作業していましたが、
始めると何故か目を覚ましてしまう
とーまには悩まされました。
あとで、入院してきた先輩ママの
話によると、この抑制筒のネットに
クロスステッチで絵を書いていた人もいたんだそうです。
ピカチュウとかの絵がついた抑制筒・・・
そんな可愛いものなら、
退院後に付けてあげるのも嫌じゃないかも???
図案があれば、クロスステッチは嫌いじゃないから、
やってみたいとは思うのですが、絵心のない私には・・・無謀な挑戦ですね(・・;)

手術は、予測どおり次の週の金曜日に決まりました。
とーまが入院したのは4月26日。
その週末からGWと言う時でした。
連休中、ただ、病院で退屈に過ごさなければないのかと思っていたら、
あっさりと外泊許可が出ました。
手術の前日、矯正で術後のプレートを作るのと、
担当医からの手術の説明と言う予定がありましたので、
それまでに帰って来れば良いとの事でした。

結局、5月1日から5日まで自宅に戻る事が出来ました。
手術の前々日に病院に戻るという事です。
上の子供達も休みなので、どこかへ出掛けたい気持ちもありましたが、
とーまに風邪を引かせたくないので、あまり外出も出来ない状態。
そんな中、緊張が緩んだせいか、私の体調がおかしくなりました。
熱は出なかったものの、のどが痛くなり、すごい頭痛に襲われ・・・
しまいには全く匂いがしない状態になりました。
とーまのうんちの匂いがしないのには参りました!
しているのに気付いてあげられないんですから。
母の鼻がこんなにも重要な役割をしていると言う
事実を知ったと言う感じでしょうか?

どうにか鼻も復活し病院に戻ると、いっぱいだった7人部屋が、
とーまを含めて3人だけになっていました。
祝日のせいで、その週の入院はお休みだったせいなのですが、
残りの2人も週末には退院予定でしたので、今週末はもしかしたら、
たった1人になるかもしれないのです。
昼間、話し相手がいないのは寂しいけど
、夜は泣かれても気を使わなくて良いので楽かな?
次の日は、手術前日!
矯正でプレートをつくり、夜になってから担当医の説明をお父さんも一緒に聞きました。
手術は、とうとう、明日に迫っていました・・・。


次ページへつづく

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO